イタリア
2002年9月15日〜9月25日、LookJTBの「イタリアぐるり周遊の旅」に女房と2人で参加しました

日程 地名・スケジュール 宿泊(ホテル)
1日目 関空⇒ミラノ 機中(約13時間)
2日目 ミラノ市内観光
ベローナ
メストレ(PALLADIO)
3日目 べネチィア
ラベンナ
プラトー(PRESIDENT)
4日目 ピサ
フィレンツェ
同上
5日目 サンマリノ共和国
リミニ⇒バーリ(列車ユーロスター)
アルベロベッロ(SIERRA SILVANA)
6日目 アルベロベッロ
アマルフィ
ソレント(EUROPA PLACE GRAND)
7日目 ソレント
カプリ島
ナポリ(HOLIDAY INN NAPLES)
8日目 ナポリ
ポンペイ
ローマ(HOTEL PISANA PALACE)
9日目 バチカン
ローマ市内観光
同上
10日目 ローマ⇒ミラノ⇒関空
11日目 関空着

第1日目 9月15日 (日)  
関空からミラノ・マルペンサ空港まで約13時間(時差:夏時間で7時間)、イタリア到着直前スイス上空通過の時のアルプスの勇姿がすばらしかった。
 マルペンサ空港からバスでミラノ市内のホテルへ。ホテル近くのドウモ広場を散策しかしドウモ正面が外装工事のため覆われていたのは甚だ残念。ガッレリア内のレストランで夕食。
(写真の上をクリックすると大きくなります)

スイスアルプス 外装工事中のドゥオモ ガッレリア


第2日目 9月16日 (月)
ミラノ市内観光のあとロミオとジュリエットの舞台となった古い街ベローナへ。
ローマ時代の遺跡が多数あり、マレーナ(古代ローマの円形劇場ローマのコロッセオより規模は小さい)ローマ時代から使われている橋、12世紀頃のスカりジェレ家の華麗な廟、ジュリエットのモデルになったカプレーテ家のベランダ(シェークスピアはこの地を訪れた事は無い由)等重厚な遺跡が多い。

ローマ時代からの橋 ジュリエットの家 アレーナ

第3日目 9月17日 (火)
べネチュアはなんと言っても運河の街ゴンドラでしょう。かつての財力と栄光の象徴サンマルコ寺院・ドゥカーレ宮も少しずつ沈下しているようです。
 1番右の写真はサンマッルコ寺院まで海水がきているもの、右から2番目の写真はゴンドラ乗り場の上まで海水が来ているものです。ちなみに運河沿いの古い建物は全て1階は水の中です。自然に人間は勝てるのでしょうか?

ドゥカーレ宮殿 運河 ゴンドラ ゴンドラ乗場 サンマルコ寺院入口

第4日目 9月18日 (水)
ピサを訪れた後フィレンツェへ。ミケランジェロ広場で美人の街頭画家から1枚の絵を買い、あと定番のフィレンツェ市内観光。
ウフィッツイ美術館、シニョーリヤ広場、ドゥオモ----。ドゥオモは屋上のクーポラまで426段の階段も上りました。

ドゥオモからのフィレンツェ ウフィッツイ美術館前 ミケランジェロ広場

第5日目 9月19日 (木)
サンマリノ共和国(都市国家が乱立していた時代から独立を守っているモナコ、バチカンと同じ様な小国)。山の上の砦を中心にした三角錐のような坂ばかりの国。写真は頂上の砦と庁舎を守る衛兵。
 午後リミニから列車ユーロスター(1等車=新幹線グリーン車よりやや豪華)でバーリへ、更にバスで次の目的地あるベロベッロへ向かう。

庁舎を守る衛兵 頂上の砦 特急ユーロスター 車内

第6日目 9月20日 (金)
トゥルッリと呼ばれるトンガリ屋根の街アルベロベッロ、ヨーロッパの国とは思えないような風景が展開。
その昔家屋税を免れる為徴税役人が来ると三角屋根を崩して「屋根が無いから家ではない」と主張し、税を免れたとか。現在では屋根葺きの職人がいなくなって久しいとのこと。
 午後はアドリア海側に別れを告げ、ティレニア海側の美しいアマルフィ海岸を経てソレントへ。

アルベロベッロ アルベロベッロ ポジターノで(アマルフィ) ソレント

第7日目 9月21日 (土)
カプリ島、有名な青の洞窟は波や潮位の条件で中には入れないことも多いそうですが丁度OK、他に白と緑の洞窟(これは入れない)もあり夫々見事な色に納得大満足。(この1時間位後青の洞窟は閉鎖となった--ラッキーでした)
 島内は高級ホテルや有名ブランドブティックがイッパイそして人もイッパイ。 高級ホテルのテラスカフェーでカプチィーノを飲み気分だけカプリの休日を満喫。

青の洞窟(外側) 青の洞窟(内側) ホテルのカフェ

第8日目 9月22日 (日)
ナポリ市内観光のあと期待した国立考古博物館(でポンペイの出土品の展示)、ポンペイへ足を伸ばす。
右端の2枚の写真「ポンペイのパン焼き窯」「現在のピザ焼き釜(9/23ローマのレストランで撮影)」を比べてください。2000年前と殆ど変わらないのは驚きです。

サンタ・ルチア港卵城 ポンペイ ポンペイ ポンペイのパン焼窯 現在のピザ窯

ポンペイのモザイク画(国立考古博物館)

第9日目 9月23日 (月)
バチカンとローマの市内観光。
遺跡と人の洪水? 人人人何処に行っても人ばかりで、トレビの泉などは記念撮影をする隙間も無いくらいでした。

サンピrトロ寺院 コロッセオ ヴィットリオエマヌエレ2世 スペイン広場 カフェ・グレコ

第10日〜11日目 9月24日〜25日
ローマ⇒ミラノ⇒関西空港
この団体旅行は総勢14名(還暦前後の夫婦2組、姉妹1組、新婚サン3組、キャリア?ウーマン1、添乗員1)
皆さんいい人ばかり、お天気にも恵まれ本当に良い旅が出来ました。
左がトレビの泉での全員集合写真。 右は添乗員のお嬢サンと現地ガイドさん=心のこもったお世話有難うございました。


トップ アイコントップ
直線上に配置