欧州どまんなか(バックナンバー)
    欧州どまんなかは2001年4月から2007年3月末までアサヒ・コムで連載されたコラムです。

 ドイツ壁新聞へ行く

 

2007年 2006年 2005年

 

2004年 2003年 2002年 2001年
2007年
2007年03月27日 世界の晴れ舞台 
2007年03月20日 新聞紙がなくなる日 
2007年03月13日 ドイツの「大政翼賛会」 
2007年03月06日 善き人のためのソナタ 
2007年02月27日 白ソーセージ生誕150年
2007年02月20日 ハイブリッドカーを買おう
2007年02月13日 喉もと過ぎれば「暖かさ」忘れる
2007年02月06日 なぜタカ派が強いのか
2007年01月30日 ミュンヘンの町の信号 
2007年01月23日 盗まれた冬
2007年01月16日 スーパーノートの出所
2007年01月09日 フセイン死刑執行 
2006年12月26日 戦争と無関係に死ぬもの

2006年
2006年12月19日 私の「ベルリン物語」
2006年12月12日 はじめに「鉄腕アトム」ありき
2006年12月05日 まっすぐ坐れない
2006年11月28日 たばこの効用
2006年11月21日 みんなが守る「子ども世界」 
2006年11月14日 心の中の壁 
2006年11月07日 北朝鮮と「砂の女」
2006年10月31日 兵士の悪戯
2006年10月24日 ドイツにない「2007年問題」
2006年10月17日 現実否認症の転移 
2006年10月10日 ニュルンベルク裁判 
2006年10月03日 プラセボ効果
2006年09月26日 法王の神学講義 
2006年09月19日 ジュースキントさんのこと
2006年09月12日 犠牲者になった占領者
2006年09月05日 カプリ島の歌 
2006年08月29日 親衛隊という烙印 
2006年08月15日 金剛石もみがかずば
2006年08月08日 「キームガウアー」ってなあに
2006年08月01日 欧州・ジャガイモ戦争 
2006年07月25日 中東・今昔物語
2006年07月18日 ジダン選手の世界 
2006年07月11日 シャツは上着より身近だ
2006年07月04日 人間と共生する困難(2) 
2006年06月27日 負けるが勝ち 
2006年06月20日 スポーツと政治
2006年06月13日 ドイツ国旗の大洪水 
2006年06月06日 頑固なドイツ人
2006年05月30日 人間と共生する困難
2006年05月23日 ホロコースト遊園地 
2006年05月16日 美しき五月よ
2006年05月09日 ロシアとドイツの密接な関係
2006年04月25日 チェルノブイリの雲
2006年04月18日 しょうこりもない人々
2006年04月11日 ベルリンの「暴力学校」
2006年04月04日 欧州の悪夢 
2006年03月28日 ベルリンの奇跡
2006年03月21日 右か左かの踏み絵風
2006年03月14日 ディストモ村の人々
2006年03月07日 連邦情報局がある町
2006年02月28日 平和の祈り
2006年02月21日 特許料込み購入価格
2006年02月14日 ザワークラウト」物語
2006年02月07日 風刺漫画を巡る国際紛争
2006年01月31日 寒気のグローバリゼーション
2006年01月24日 ジャンヌ・ダルクをドイツにも
2006年01月17日 俳句からHaikuへ
2006年01月10日今年は「イナゴの年」? 

2005年
2005年12月27日 アインシュタインとベルンの町 
2005年12月20日 ひざまずく政治家
2005年12月13日 ドイツの郵政民営化
2005年12月06日 死んだ兵士の遇しかた(下)
2005年11月29日 死んだ兵士の遇しかた(中)
2005年11月22日 死んだ兵士の遇しかた(上)
2005年11月15日 燃える自動車
2005年11月08日 一人だけではできないこと
2005年11月01日 軍服が似合うドイツ人
2005年10月25日 リンダウ行き特別列車
2005年10月18日 歴史という打ち出の小槌
2005年10月11日 政治と物理学者
2005年10月04日 60年目の正直
2005年09月27日 ジャームッシュ最新作
2005年09月13日 無駄な抵抗をしない
2005年09月06日 二本のつえで散歩する人々
2005年08月30日 日本の雨、ドイツの雨
2005年08月23日 帆立貝の道しるべ
2005年08月16日 赤い屍体と八月の青い空
2005年08月09日 悪い奴はどこにもいる
2005年08月02日 「百万人村」のサッカークラブ
2005年07月26日 末席にひかえる蒋介石
2005年07月19日 感傷主義のすすめ
2005年07月12日 ヒットラーのワンちゃん
2005年07月05日 真実と和解
2005年06月28日 地下道のサルトル
2005年06月21日 セクハラについて
2005年06月14日 バナナからコンドームへ 
2005年06月07日 日露戦争(下)
2005年05月31日 日露戦争(中)
2005年05月24日 日露戦争(上)
2005年05月17日 ドイツの終戦60周年
2005年05月10日 竹が生えているのか
2005年04月26日 サッカーをするローマ法王
2005年04月19日 反省嫌いだった私
2005年04月12日 パリの煙突
2005年04月05日 生と死のドラマ
2005年03月29日 君子危うきに近寄らず
2005年03月22日 孤立する日本

2005年(続)
2005年03月15日 オレンジの次は杉
2005年03月08日 21世紀の領土問題
2005年03月01日 少子化は当然の成り行き
2005年02月22日 日本的実存主義
2005年02月15日 ドイツのパン、日本のパン
2005年02月08日 自分の国を愛すること・2
2005年02月01日 マイスター制度の改革
2005年01月25日 自分の国を愛すること
2005年01月18日 昨日の世界
2005年01月11日 初めに言葉ありき

2004年
2004年12月28日 サンタクロースの来襲
2004年12月21日 「君が代」がなくなる日
2004年12月14日 冷戦とは何だったのか
2004年12月07日 ハイデルベルクのイノシシ
2004年11月30日 心配すること
2004年11月23日 憲法による世直し運動
2004年11月16日 ハンブルクの南蛮漬け
2004年11月09日 あの喜びは今どこに
2004年11月02日 バブルの効用
2004年10月26日 奇妙な独日・師弟関係
2004年10月19日 風流を解する精子
2004年10月12日 肉体という牢獄
2004年10月05日 極右躍進と竹とんぼ
2004年09月28日 今「勝ち組」に入ること
2004年09月21日 ポーランドの賠償請求
2004年09月14日 ウナギの死
2004年09月07日 兵士はどこへ行った
2004年08月31日 後退する氷河
2004年08月24日 学術出版物がなくなる日
2004年08月10日 丸山真男・インタビュー捏造事件
2004年08月03日 地中海のボートピープル
2004年07月20日 郵便が国家事業であった時代
2004年07月13日 人のふり見て、、、、
2004年07月06日 大統領のニューモデル
2004年06月29日 国の助けなしに喧嘩もできない
2004年06月22日 存在感に乏しい議会
2004年06月15日 隠れた時代思潮の終焉
2004年06月08日 文化は異なるもの、、、、
2004年06月01日 死んで罪を償う
2004年05月25日 ベルリンの野ウサギ
2004年05月18日 人権は減るものでない
2004年05月11日 人間的、あまりに人間的な
2004年05月04日 カテリーナ・ヴァレンテとEU
2004年04月27日 6千ドルは高すぎる
2004年04月20日 彷徨する妖怪
2004年04月13日 世界vs国際社会
2004年04月06日 ダブルスタンダード
2004年03月30日 ミュンヘンの卒業式
2004年03月23日 フランクフルト駅前旅館
2004年03月16日 報道しそこなったテーマ
2004年03月09日 ほんとうの大東亜共栄圏
2004年03月02日 ロスト・イン・トランスレーション
2004年02月24日 ベルリンの電話帳
2004年02月17日 フォンターネのバウムクーヘン
2004年02月10日 本当は悲しいこと
2004年02月03日 二つの老婆心
2004年01月27日 普通の国の普通の軍隊
2004年01月20日 国際社会を利用するコスト
2004年01月13日 クリスマスツリー物語
2004年01月06日 平和主義の衰退

2003年
2003年12月23日 ドイツのタクシー 
2003年12月16日 今から起こること
2003年12月09日 人はなぜ暴力をふるうのか
2003年12月02日 デモするドイツの学生
2003年11月25日 ユダヤ博物館
2003年11月18日 私は選挙権を行使しなかった
2003年11月11日 道端でオシッコしている犬
2003年11月04日 あたりまえのことを不思議に思う
2003年10月28日 NGOと国家の相違
2003年10月19日 欧州のタバコ撲滅運動
2003年10月14日 私の「文化ショック」
2003年10月07日 奇妙な「お国自慢」
2003年09月30日 ドイツの「スカーフ論争」
2003年09月16日 陰謀論と「裸の王様」
2003年09月09日 グッバイ、レーニン
2003年09月02日 フランツ・マルクとコッヘル
2003年08月26日 ノイシュヴァンシュタイン城の馬
2003年08月19日 人は何のために口をきくのか
2003年08月12日 キル・レートと「俘虜記」
2003年08月05日 無益な殺生はいけない
2003年07月29日 大きな栗の木の下で、、、
2003年07月22日 共同体幻想
2003年07月15日 独伊「パスタ戦争」
2003年07月08日 国際人失格
2003年07月01日 日本の存在感
2003年06月24日 輝く小さなイモムシ
2003年06月17日 縁起の悪い国
2003年06月10日 本当の理由
2003年06月03日 移植外科医の無断欠勤
2003年05月27日 万人の万人に対する戦い
2003年05月20日 パトカーで登校する子供たち
2003年05月13日 活字文化の衰退
2003年05月06日 母の心配
2003年04月22日 名もなきアフリカの地で
2003年04月15日 ミュンヘンの住宅事情
2003年04月01日 父から来た絵葉書
2003年03月25日 イラクとインディアンと騎兵隊
2003年03月18日 国際刑事裁判所とブレア首相
2003年03月11日 トルコ人の少女
2003年03月04日 オイル・ダラーがなくなる日
2003年02月25日 キリスト教原理主義とユダヤ人
2003年02月18日 カレー・ソーセージと反米主義
2003年02月11日 我が家の台所と「文明の衝突」
2003年02月04日 ノーと言ったドイツ
2003年01月28日 日本人であること

2003年(続)
2003年01月21日 イラクと北朝鮮 
2003年01月14日 娘と私の東京見物
2003年01月07日 大人のためのクリスマス

2002年
2002年12月31日 K所長の思い出
2002年12月24日 過去の亡霊を見る人々
2002年12月17日 私のステテコ愛国主義
2002年12月10日 テロの恐怖
2002年12月03日 歴史に比喩を求めること
2002年11月26日 日本から帰ったドイツ人
2002年11月19日 敗残兵のシニスム
2002年11月12日 ブタになるか、ヤギになるか
2002年11月05日 ドイツに洗脳された日本人
2002年10月29日 チューインガムのにがい味
2002年10月22日 オトナをコドモ扱いする人々
2002年10月15日 拉致問題について思うこと
2002年10月08日 掛け声をかけてビールを飲む人々
2002年10月01日 ブッシュ大統領を怒らせたドイツ人
2002年09月24日 ドイツの「自由の女神」
2002年09月17日 姪の思い出
2002年09月10日 自然のスポンジ効果
2002年09月03日 レ二・リーフェンシュタール
2002年08月20日 ノアの方舟
2002年08月13日 公的睡眠「inemuri」をする私たち
2002年08月06日 ヒロシマとナガサキ
2002年07月30日 チューリンゲン・ソーセージと、、、
2002年07月23日 韓国と西ドイツ  
2002年07月16日 ドイツの本屋さんと山口百恵 
2002年07月09日 サッカーとカーニバル 
2002年07月02日 欧州に殺到する移民 
2002年06月25日 ヘンなワールドカップになった
2002年06月18日 7月1日は国民が何も買わない日
2002年06月11日 サッカーと核戦争の恐怖
2002年06月04日 「壁」をこわそうとして、、、、
2002年05月28日 「制服を着た市民」の終焉 
2002年05月21日 山が退き、丘が崩れても
2002年05月14日 死後も国家の管理が続く国
2002年05月07日 陰謀論が陰謀論をひきおこす
2002年04月30日 欧州でよみがえる帝国主義
2002年04月23日 日本の「ママ・ホテル」長期宿泊客
2002年04月16日 ドイツの「パラサイト・シングル」
2002年04月09日 自縄自縛の構造 
2002年04月02日 とんだ、とんだ
2002年03月26日 三本の十字架
2002年03月19日 私が好きなハイデルベルク
2002年03月12日 「戦場に架ける橋」を見て
2002年03月05日 「クレタ島の嘘つき住民」と米国
2002年02月26日 私がドイツで食べたクジラの肉
2002年02月19日 息子に話さなかった「トルコ旅行」
2002年02月12日 ドイツのおばあさん
2002年02月05日 どう殺すのが人道的か
2002年01月29日 山のあな、あな、あな、、、
2002年01月22日 「紅白歌合戦」を見て
2002年01月15日 ニュージーランドから来た少年
2002年01月08日 Windowsの「国籍問題」 
2002年01月01日 とうとうユーロがやって来た

2001年
2001年12月26日 「日本株式会社」と「アルカイダ」
2001年12月19日 「表通りの経済」の終焉
2001年12月12日 二つの「アフガニスタン
2001年12月05日 私の町の小さな「靖国神社」
2001年11月28日 まぼろしの「まぼろしの南京、、、」
2001年11月14日 1989年11月9日」2001年11月07日 アジア人女性と結婚する、、
2001年10月31日 「最古の職業」が並みの職業
2001年10月24日 二つの椅子の間にすわる 
2001年10月17日 これは戦争でない
2001年10月10日 ドイツのイスラム原理主義
2001年10月03日 ユダヤ人が避けるユダヤ人の国
2001年09月26日 読者への手紙
2001年09月19日 世界を震撼させた日
2001年09月12日 ドイツ式「浮気の仕方」
2001年09月05日 デフレ、インフレ 
2001年08月29日 夏のゲルマン民族大移動
2001年08月22日 「セックスの女王」の死 
2001年08月15日 ドイツから見る「8月15日」
2001年08月08日 「警察国家」vsいじめ 
2001年08月01日 「読むこと」と「話すこと」
2001年07月25日 Shall We Dance?
2001年07月18日 ブランカちゃんと「我が闘争」
2001年07月11日 女性フェミニストとの電話
2001年07月04日 蝉をたずねて三千里
2001年06月27日 「インディアン」にされてもいい
2001年06月20日 上書きしますか
2001年06月13日 歴史教科書と「野球の殿堂」
2001年06月06日 ディスコと日本語の授業 
2001年05月30日 サッカー、にわかファンの弁
2001年05月23日 ユーロビジョン・コンテスト
2001年05月16日 ライラックの花が咲く頃
2001年05月09日 欧州は伸びたり縮んだり
2001年05月02日 「5月8日」と臆病な私
2001年04月25日 謝罪の文化が違う
2001年04月18日 ドイツ女性は面食いでない?
2001年04月11日 ここがヘンだよ! ノイマン君
2001年04月04日 ミヒャエル・エンデと日本経済